人権侵害に関わる加害当事者のためのカウンセリング

気づきと学びの内容

・暴力によってもたらされた結果の重大性の認識と反省

・被害者が受けた傷の深さの理解と心からの謝罪の気持ち
・暴力に対する責任を自覚すること
・暴力の原因に向き合い、非暴力に向けて行動すること

・暴力回避の手法を身につけること
 (呼吸法、タイムアウト法、瞑想法、その他)

・暴力を生み出す社会の問題に目を向けること
・暴力を生み出す自身の価値観や信念に気づくこと  

・自分の人生を振り返り、自身の痛みに気づくこと

・自己認識を深め、自身の過去に寄り添うこと

・自分の言葉で自身の気持ちを語ること

・真の自己を受け入れること
・ひとの気持ちを受けとめ、ひとに寄り添うこと

・ひととつながり、支えあうこと

・ひとを支配せずに自立した人生を歩むこと

・信頼、安心、尊重、感謝、謝罪の言葉を大切にすること

・涙を流すこと
・その他
3つの柱
寄り添う
モード表
抑圧の方向
 人間関係調整力

「 DV加害者カウンセリング及び加害相談者支援のあり方」
(京都精神保健福祉協会講演要旨)




怒りの背景には悲しみがある
怒りの頂点には涙がある
怒りは暴力では治まらない
怒りは涙で癒される

                                                                                         
 

加害当事者を他人が変えることは難しいが
加害当事者自身が変わることはできる

                                                                   (吉岡俊介)

〈〈TOPへ〉〉